ホーム > 会社概要

経営理念

経営理念

会社概要

柴田製作所
社名株式会社 柴田製作所
設立1946(昭和21)年 10月 1日
所在地〒196-0021
東京都昭島市武蔵野3丁目9番24号
TEL:042-543-3630(代表)
FAX:042-543-5401
代表者代表取締役 柴田 雄司
資本金1000万円
資本金1000万円
従業員数26名
事業内容自動車部品・大小汎用機械部品・一般精密板金のプレス
板金溶接・組立・加工・プレス型・治工具の製作
取引先株式会社旭洋工業製作所
国産機械株式会社
城山工業株式会社
株式会社有田製作所
株式会社太田製作所

組織図

組織図

アクセス

関連団体

沿革

1946年 10月 1日個人経営として柴田太平が昭島市宮沢町80番地で創業
1952年昭和飛行機工業(株)と取引開始
1960年 12月昭島市大神町に工場新築移転
1960年 12月昭島市大神町に工場新築移転
1961年  2月自動車部品加工業を目的として資本金100万円で柴田製作所を設立
1967年  7月工場600㎡に増築
1968年 10月300トンプレスを設置、本格的に自動車部品製造に入る
     12月倉庫165㎡建築
1970年  4月昭和飛行機工業(株)航空機部門、航空機部品加工に力を注ぎ板金 機械及び工作機械の充実を計る
1972年  5月大阪機工製300トンプレス等設置
1973年 10月鉄骨3階建て約1000㎡の工場増築。3階は厚生施設とした
1974年  7月150トンC型プレス3台、アマダ製35トンベンダー増設
1975年  2月組立ラインの強化のため、設備・機械大幅強化。
1976年  1月駐車専用地430㎡取得
1977年200トンプレス1台、75トンプレス3台、60トンプレス2台、 スポット溶接機及びナット自動送り装置増設
1980年500トンプレス設置に伴い、工場一部を立て直し、変電所新設
1984年150トンプレス2台、送り装置1台、スポット溶接機3台増設。
立川発条(株)と取引開始、主に(株)日本コンラックス製品、精密板金部品の製造を開始。
1987年 12月村田製HL700レーザーパンチプレス設置
1988年(株)日本コンラックスと取引開始
1989年 12月3階建て1000㎡の工場に加え、2階建て2300㎡の工場を新築。
1991年  4月シャーリング リプレース(相沢 w2400 x t4.5 オートバックゲージ付き)
11月スポット溶接ロボット3基設置。(FUNUC S-420F)スーパードルフィンモデルチェンジ対応
1992年  4月スポット溶接ロボット3基増設。(FUNUC S-420F)
1993年  3月500トンプレス増設。(福井機械 OSE500)
1995年  2月資本金を1000万円に増資。
1996年  5月隣接地912.4㎡を取得し、敷地を拡張。
1997年  5月工場増築(160㎡)、丸機械工業製150トンベンダー 設置
     9月村田製CENTRUM-3000レーザーパンチプレス設置
2008年  9月代表取締役社長を柴田俊太より柴田雄司に交代